人気blogランキングへ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 同人ゲーム ひぐらしのなく頃に 最終話「祭囃し編」 カケラ紡ぎ | main | 同人ゲーム ひぐらしのなく頃に 最終話「祭囃し編」 裏シナリオも終わって >>

同人ゲーム ひぐらしのなく頃に 最終話「祭囃し編」 クリア

「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」クリアしましたー。
祭囃し編のネタバレとなるためまるまる反転で行きます。
未プレイの方は要注意です。絶対に読まないで下さい。

終わりましたー
いやー終わった終わった。終わりましたねー
うーん。終わってしまったという感が最も強いなー
個人的には皆殺し編の沙都子救出作戦?が一番感動したような気もします。
不満点はやはり「オヤシロさま」の漢字が示されなかったこと・・・はぅ=□○_
あとは圭一が実は余り活躍していない事かなあ、もっと活躍して欲しかった。
つーか・・・・
赤坂格好よすぎですよ!?w
強すぎ強すぎw
あと、魅音が小此木に勝てるのは納得出来ないような気もするなあ・・・
つーか小此木ってどう読むのですか?イヤマジで・・・・(おのこぎ?)
読み方と言えば、製作スタッフの方の一人八咫桜さんも読めないんですよね・・・
やしおうでいいのかな?
誰か教えてくれるとヽ(´ー`)ノ

とりあえずカケラ紡ぎをノーミスでクリアすると裏シナリオがあるとか聞いたのでそれやってきます!

スポンサーサイト

Comment:
2006/09/12 8:04 AM, 暗翳 wrote:
初めまして。
此処には偶然立ち寄っただけなのですが一応。
以下敬称は略させていただきます。
「小此木」は「こびき」
「八咫桜」は「やたざくら」
ではないかと。
小此木そのままストレートに。というより高校の時そんな苗字のクラスメートが普通におりました。
八咫桜の八咫は八咫烏や八咫鏡等に使われていますね。
「咫」は長さの単位で約18cmです。
といっても八咫だと単に大きな〜という意味で、1.44mのことではありません。
昔の日本では八というのは多さや大きさを表現するのに使う代名詞のようなものだったのです。八百万(やおよろず)とかよく聞きますよね。
というわけで「八咫桜」は大きな桜という意味になりますねー。
Add a comment:









Trackback:
http://honoh.jugem.jp/trackback/31